ダイエットする前に生活習慣を改善!

高いお金を出してエステに通ったり、サプリメントを買ったりしても生活習慣が乱れていれば何の意味もありません。まさに本末転倒です。ダイエットをする前には、生活習慣の見直しが必須です!

生活習慣について考える男性のイラスト

痩せたいなら生活習慣の見直しを!

ダイエットの成否には体質も関わっていますが、ほとんどは生活習慣の差によって変わってきます。
ダイエットに成功している人は、他の人に比べて特別痩せやすい体質というわけではありません。そうではなく、痩せやすい生活習慣を続けているのです。
例えば、夕飯を軽めにして、朝食をしっかり食べて動く人は、スタート時点からエネルギーを多く消耗することができます。午前中は新陳代謝が高まっている時間帯なので、この時間帯に動けると消費カロリーを増やすことができます。
逆に、夜遅くに夕食をとり、起きる時間が遅くて朝食をとらない人だと、エネルギーが湧かずに午前中動くことができなくなってしまいます。
午前中に体を動かせると、脂肪燃焼効率が高くなり、痩せやすい体質になります。
さらに、朝食を抜いた場合、昼間はお腹が減っています。すると食欲が暴走して、昼にたくさんカロリーを摂取してしまいやすくなります。
朝食を食べた人は適度にお腹が減っており、起床時に自分でヘルシーなお弁当を作るなどができるので、ヘルシーな昼食をとることができます。
また、心理学的にも健康的な食事を摂る人は、健康的な姿勢や運動習慣を身につけられると言われています。
昼間に重たいものを食べてしまうと、その影響で血糖値が急降下して、午後は眠くなります。これでダラダラして、さらに消費カロリーが下がってしまいます。
一方、軽く昼食をとった人は血糖値が急降下しないので、午後もすっきりした頭で過ごすことができます。
夜もこの調子で続いていき、日中によく動いた人は疲れているので夕食はほどほどにして夜はすぐに眠ります。
日中あまり動かないと体が夜に目覚めてきて、いつまでも寝付けずに夜間お腹が空いて夜食まで食べたくなったりします。
こういった生活習慣の違いによって、ダイエットの成果は変わってきます。痩せたければ生活習慣を整えることが大切です。

■ヘルシーな食事の前に胃腸に問題があるのなら
ネキシウムの効果
■正しい生活習慣は睡眠をとることから
メラトニンで生活リズムを整える